大洲のお漬けもの 玉井漬庵|あじわいセット

大洲のお漬けもの 玉井漬庵

~since 1915~ 玉井民友商店は大正4年創業です


玉井の高菜 特設ページ 風土の恵み大切に、ふるさと自慢の味づくり

玉井の『高菜歴』は半世紀超え!
 
 生産農家と共に高菜の本場・瀬高へ視察に行き、学び続けて50年余り。
 今や地野菜として定着した高菜は、玉井に欠かせない存在です。
 
 地元では「大菜(おおな)」と呼ばれることの多い大洲高菜。
 一般には冬野菜とされますが、ここ大洲では春野菜。収穫期は3月~4月初旬です。
 
 大洲高菜の個性は、
 火山灰や砂地とは異なる”肥沃な土”と盆地特有の昼夜の気温差と深い霧、
 そして、短い日照時間により育まれているようです。
 
  -大洲の春野菜、高菜-
 
 高菜の種まきは、そろそろ鵜飼いシーズンも終盤、里芋の収穫が始まるころ。
 苗床で大きくなった高菜たちは、畑へと移植されてひと冬を越します。
 
 水墨画のような大洲盆地の冬。濃く深く覆いかぶさる霧の下。
 高菜たちは強く根を張りながら静かに春を待ちます。
 
 路地物の春野菜に冬の冷え込みは必要不可欠ですが、
 極端に冷えすぎたり、雪や霜が多すぎだりしても傷んでしまうもの。
 
 加えて暖冬・大寒波・嵐など、極端な気候に見舞われることが増えた近年。
 「どうか春には立派な姿で収穫させてくれよ」と、目配り心配りは尽きません。
 
 
 
 そして、待ちに待った春。
 
 風のある晴天の日を見極めて収穫。大きいものは一株が2kgほどにも!
 刈り取った高菜は畑に広げ、表を干し、裏返してまた干します。
 
 天日干しの手間は重労働ですが、とても重要なもの。
 高菜の乾きの良し悪しが、漬け込みあがりの品質に大きく関わって来るのです。
高菜契約農家さん 高菜契約農家さん 高菜契約農家さん 高菜契約農家さん 高菜契約農家さん




さぁ、農家さんからバトンタッチ。
立派な高菜が続々と工場へ入って来ましたよ。

ここからが体力勝負!
従業員の高菜愛の見せ所。

毎年数十トンを漬け込みます。
 
工場長の陣頭指揮による漬け込み作業開始。

高菜を綺麗に積み重ね、ウコンを混ぜた塩を振り、
また積み重ね、塩を振り…。
10mほどの深さのタンクがいっぱいになるまで
黙々と繰り返します。

数ある作業の中でも最もキツイ重労働ですが、
真心と愛情をしっかり込めて頑張ります。
どんどん どんどん どんどん積んで、

タンクがいっぱいになったら最後に重石。
1枚1トンはある一枚石を、ここでは2枚。

「美味しく漬け上がってくれよ」
痛む腰を抑えながら石に思いを託します。
漬け込み作業から約7カ月。

漬け上がりの姿です。

タンクから出した高菜は乳酸発酵もバッチリ。
ウコンで染まったべっ甲色にもひと安心。
洗いの工程。

流水洗浄を2回、入念に行います。

温かい場所での作業ではないので、
冬場には手の凍える辛い作業です。
いよいよ最終工程。
カット・調味などの加工後にパックされ、
おばあちゃんのトラックで各店舗に届きます。

高菜漬はチャーハンにも応用でき、
ご当地ベーグルとのコラボ商品も人気です。

また、梅と合わせたものは珍しく、
上品で美味しいと遠方からも買いに来られます。
特に女性に好評をいただく商品です。
 
 自信を持っておすすめいたします、玉井の味。大洲の味。愛媛の味。
 どうぞ皆様でお楽しみくださいませ。
 
 
 
 ※こちらの高菜を使いました「梅こんぶ高菜」は、OnlineShopから注文できる「あじわい漬物セット(ご自宅用)」に入っておりますが、
  四国の方でしたら近隣の大手スーパー・量販店に置いてある場合もございます。どうぞお気軽に下記までお問い合わせください。
 
 
 
  代引き   銀行振込   郵便払込  をご利用いただけます。
 
 ご注文はお電話・FAXでも承ります。お気軽にお問合せください。

 TEL:0893-24-4591(営業時間 9:00〜16:00/日曜・祭日定休)

 FAX:0893-24-4592(24時間受付)


  クレジットカード  を希望される方は、以下の外部サイトをご利用ください。
 

 全国の地方新聞社厳選 お取り寄せサイト『47CLUB』玉井漬庵ページ


▲トップに戻る▲